2010年05月13日

<日比経済連携協定>マニラで比人看護師ら118人の壮行会(毎日新聞)

 【マニラ矢野純一】日比経済連携協定(EPA)に基づき、日本へ派遣されるフィリピン人の看護師・介護福祉士の候補者118人の壮行会が7日、マニラ首都圏で開かれた。日本語研修を必要としない候補者2人を除く116人が9日、日本へ向かう。

 同協定に基づく派遣は2年目で、看護師46人、介護士72人が選考された。今年度は看護師307人、介護士333人の受け入れ枠を設けたが、日本の景気悪化の影響で、日本側の求人が179人にとどまっていた。2年間で計1000人の看護師・介護士候補者の派遣を目標としており、昨年の計310人とあわせても、目標の半数に満たない状況だ。

 介護士候補者のカディスさん(26)は「大学を卒業後、一度も定職に就けなかった。このシステムは自己負担する金が少ないので応募した。家族のために頑張りたい」と話した。候補者は日本国内で6カ月間、語学研修を行った後、各地の病院や介護施設で研修を行う。

【関連ニュース】
日仏首脳会談:EUとの経済連携協定、共同研究を提案
EPA看護師:国家試験に3人が合格 狭き門に批判も
日仏首脳会談:鳩山首相、EPA共同研究を提案
EPA:インドネシア公使、初合格の看護師2人を激励−−三条 /新潟
真相・深層:EPA、看護師試験合格わずか3人 「時間が足りない」

雑記帳 「こち亀」キャラの銅像散策マップ完成 無料配布(毎日新聞)
「四面楚歌」鳩山首相 それでも擁護する人の論理(J-CASTニュース)
“平成の遣唐使船”北九州・門司港に到着(読売新聞)
「裁判員裁判から除外を」、組幹部の請求を棄却(読売新聞)
民主・山岡氏「普天間、直接国民生活に影響ない」(読売新聞)
posted by セイケ マサオ at 19:29| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。