2010年04月23日

仙谷氏の衆参同日選発言 閣僚から批判相次ぐ(産経新聞)

 ■「与党慣れしていない」「選挙を知らない」

 仙谷由人国家戦略担当相が夏の衆参同日選の可能性に言及したことについて、20日午前の閣議後の記者会見で各閣僚から批判が相次いだ。

 枝野幸男行政刷新担当相は「(鳩山由紀夫首相退陣という)仮定が成就しないように今、一生懸命にやるのが閣僚。仮定が成り立った以降のことを考えたり、話したりしない方がいい」と指摘。前原誠司国土交通相も「首相から任命された閣僚が軽々に、そういった発言をするのはいかがなものか」と疑問を呈した。

 中井洽(ひろし)国家公安委員長は「与党慣れしていない。閣僚が首相の進退とか(衆院)解散に触れることは全くタブーだということが染み込んでいない」と断じ、赤松広隆農林水産相は「選挙を知らない人が言うことだ。ダブル選挙の可能性は1%もない」と語った。

 仙谷氏は16日にテレビの番組収録で、鳩山首相が今夏の参院選前に退陣した場合、「ダブル(選挙)を問う可能性があるというか論理的にはそういうことになる」と述べた。

【関連記事】
遅刻原因は「事務的な日程管理のミス」 答弁書
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
鳩山首相、高速新料金「前原案をベースに議論を」
歯車逆転「官製マネー」 政府系金融、機能強化の動き
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<山崎直子宇宙飛行士>和服で手巻きすし 宇宙から日本文化(毎日新聞)
<薬事法違反>キノコ原料、未承認医薬品広告掲載容疑で逮捕(毎日新聞)
飲食店にガソリンまき放火 容疑の男ら逮捕(産経新聞)
反対集会に1万5000人=「島の未来、壊さないで」−普天間移設・鹿児島徳之島(時事通信)
公明の山口代表、首相訪米を「リーダーシップない」と酷評(産経新聞)
posted by セイケ マサオ at 16:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。